不動産担保ローンは不動産を担保に融資を受ける方法

無担保ローンと比べて長期間の利用に適してる

不動産担保ローンとは不動産を担保にして融資を受けること / 無担保ローンと比べて長期間の利用に適してる / 不動産担保ローンは融資を受けるまでに時間がかかる

不動産担保ローンの場合は、別に第一順位の抵当権を設定する必要はありません。
貸す側が後順位の抵当権でも良いと考えるなら、担保にしてお金を借りることができます。
もちろん後順位になると回収できる割合も少なくなりますから、担保価値として下がるので、その分借りられる限度額や利率等の条件は悪くなるでしょう。
第一順位の抵当権を設定できた方が担保価値が上がるので、これらの条件は良くなるはずです。
具体的な融資額については、審査を受けたうえで決められるので、まずは審査を受けてみる必要があります。
担保としての土地や建物は、自己所有のものである必要はありません。
第三者が不動産担保として利用してもよいと提供してくれればそれを担保にして融資を受けることができます。
一般的な無担保ローンに比べると、長期間の利用にも適しています。
不動産担保ローンを利用する場合はたいていがまとまったお金を必要としている場合です。
まとまったお金を短期間で返済することは難しいですが、長期間なら返済していくことは難しくはありません。
一般的には5年から10年程度の期間が設定されますが、場合によってはそれよりも長期でも良いとなることはあります。
扱っている銀行や貸し金業者によって異なりますので、融資条件は確認して比べてみると、自分の要望にピッタリなところを見つけられます。

不動産担保ローン不動産担保ローン検索・比較